和製ネオポップ・・・

ナカミシ・サオリとアンドウ・ヒロ:漫画から生まれた造形世界とキッチュな遊びの美意識

クレイジーヌードルズ・スタジオは、ひとつの文化的土壌から生まれた様々な傾向の数人のアーティストを擁して、ひとつの創造的概念を共有する創作活動を組織しています。それは独創的な概念を生み出し続けて全体として進化することで、「スタジオ」に絶えず新しい固有の輪郭を与えるという概念です。




欧米の表現シーンで「スタジオ」の成功が始まる・・・

アメリカやヨーロッパでバランスを取り戻したいという「スタジオ」の意思は、パリからロンドンやマイアミを経てニューヨークに至る、欧米の表現シーンでのイニシアチブの増加となって表れています。

クレイジーヌードルズの創造世界は、ロリータ漫画の世界であり、大勢の全裸または下着姿の若い女性たちが登場する赤裸々にエロチックな作品世界であり、常に古い日本的伝統を彷彿とさせる雰囲気の中に風紀を乱す人物が登場する世界ですが、欧米のギャラリーや主要な美術市場で強烈な印象を与えています。
ギャラリー・アリエル・シボニー(パリ) 2008年4月10日~5月13日 & 2008年10月27日~11月31日
オペラ・ギャラリー(ロンドン) 2008年7月2日~17日
サンキエム・ギャラリー(パリ) 2008年10月1日~31日
ロンドン・フェア  2008年10月2日~6日
アート・マイアミ  2008年12月3日~7日


「スタジオ」の最新作・・・

ひとつの創造的な概念を持った3人のアーティスト、3つのメディア、3つの動向

  • 吉村ジミーが描く日本:古い伝統と現代性の硲
  • 風紀を乱すシャオ・メイの作品と中国現代アートの巨匠たち:一歩も譲らぬ注目あるいは賛辞?
  • ワタナベ・リョウコの時を超えた対話:二千年紀の日本に対峙する伝統的な日本から生まれる人物たち
  • アンドウ・ヒロの大家族:相撲猫、スーパー猫、ロボット猫、都会猫、サムライ猫たちが「スタジオ」に乱入し、黄色、赤、青、金色、銀色、黒、白などの色彩を運んできます。